エコカーと軽自動車の税率変更により車売却の件数が増加

ここ最近、車の税金に関するニュースをよく耳にするようになりました。
つい先日も、軽自動車に関する税金の変更が発生していたようですね。しかもその変更は、今年に反映されるそうなのです。

 

軽自動車とエコカーの税金がアップ

 

軽自動車ですが、今年の春に税金がアップする事になっています。
例えば現在のルールでは車の税金が年間7千円台だとしましょう。

ところが今年の春になってから、それが1万円台にアップしてしまうのだそうです。2,500円前後はアップしてしまう事になります。

 

しかしそれは軽自動車が話であって、エコカーの場合は事情が異なるのです。例えば現在のルールでは税率が5%というエコカーもありますが、今年に入ってからはそれが3%台にダウンするのだそうです。色々とお金の問題で、そのような状況になっているようですね。

 

税率や買い替えなどにより車買取の件数が変化

 

そして上記のような状況になれば、やはり人々は車を買い換えるようになると思います。
軽自動車を持っているとなるとそれだけ多くの税金がかかってしまいますが、エコカーを持っていればそれを減らせる可能性があるでしょう。という事は軽自動車を持つよりも、むしろエコカーに乗り換えてしまった方が良いとも思うのです。

 

となると、人々は現在持っている軽自動車を売却する可能性が大ですね。
思えば最近は環境にやさしい車が、色々優遇されている一面があります。その一例が、上記の税制なのです。

恐らく今後は、エコカーに乗り換える人々はどんどん増えてくると思います。
という事は中古車の買取業界としては、だんだんと活況を呈してくるのではないでしょうか。
中古車の買取業界は、現在上り調子な状況ではあります。
それがエコカーの普及によって、ますます後押しされているような雰囲気を感じる次第です。

 


このページの先頭へ戻る